精神障がい者の家族のための介入技法プログラム

  プログラム途中から参加も可能です、ご連絡くださ い。

な かなか安定した通院や治療が続かない、ひきこもりがちで社会とのつながりをなかなか持とうとしない、そのような精神障がい者のある方に対する、家族や知人によ る効果的な介入技法を学ぶプログラムです。家族の負担を軽減することで家族全体の生活の質を改善し、平穏な生活を取り戻すこと、そして何より、精神疾患に苦し み悩む大切な人が社会から孤立することなく、治療に結び付けて、社会とのつながりを持ちつつ、その人なりのリカバリーの道を歩んでもらうことを目指します。

ひきこもりがちではあるが、精神科など病院に掛かったことがなく、特に病気かどうかもはっきりしないという方のご家族も参加可能です。家族の負担を軽減し、健 康な生活を取り戻すとともに、ご本人に少しずつ社会とのつながりを持つための動機づけを、参加者同士で意見を交えながら実現していく取り組みです。

プログラム途中からの参加もできますので、詳しくは当院へご遠慮なくお問い合わせください。

   ℡ 078-599-7365

開 催予定:毎月曜日14時~15時半(講師の都合により日程変更の可能性があります)


       【開催日程 月曜日14時~15時半】

            第1回  515日    第2回  5月22

            第3回  529     補 講1 《65日》  

            第4  612     5回  619日   

            補 講2 《626日》    6 73日   

            第7  710     8回  724日   

            第9  731     10 87 



★ 本プログラムは“CRAFT(クラフト)”と いうアルコール・薬物など依存症の問題で、対応に悩んでおられる家族の支援のために開発された認知行動療法を適用したプログラムを下にして、精神障がい者の家 族の支援のために編集し直した集団療法です。

  プログラムの構成

第 1回 社会につなぐために

第 2回 問題行動の分析と理解

第 3回 暴力的行動の予防

第 4回 コミュニケーションスキルの改善①

第 5回 コミュニケーションスキルの改善②

第 6回 先 回りを止め、望ましくない行動を減らす

第 7回 上 手にほめて望ましい行動を増やす

第 8回 家族自身の生活を豊かにする

第 9回 相談機関の利用を上手に勧める

第 10回 プログラムを終えてからの支援

 

★ プログラムの途中からの参加は可能です。毎回テーマに沿って、分かりやすく、実際の生活場面で活かせるレクチャーです。

   プログラムの途中からでも参加可能です。

     詳しくはお電話でおたずねください。

 

神 戸市中央区三宮町2-11-1  センタープラザ西館7F 709号

℡ 078-599-7365  Fax 078-599-7832








inserted by FC2 system